【ANAマイル】死蔵カード?マイル自動発生カードとしてANAカード一般カードを7枚持つと毎年7,000マイル獲得!

死蔵カードとは?

「死蔵カード」という言葉をご存知ですか?

死蔵カードとは、年会費を支払いカードを保有するだけで毎年マイルを獲得することができるカードのことです。

私は有効活用して貯めたマイルで海外旅行に行っています。

今回はその詳細を解説していきたいと思います。

まず、ANAカードにはたくさんの種類があります。

年会費の安いJCB、VISA、マスターの一般カードを7枚持つことでとんでもないメリットがあります。

ANAカード一般カードには、通常のもので電子マネーEdyがついたカードが3種類と交通系IC一体型カードという4種類があり、全部で7種類あります。

年会費さえ払えばこの7枚持つことができます。

ここでこんな疑問を抱くのではないでしょうか?

「ANAカードを複数枚持つメリットって何?」

この記事ではそんな疑問を解消できるようになっています。

先に、結論から言うと

「ANAカードを複数枚持つとボーナスマイルで毎年自動的に7,000マイルを獲得できるよ!」

これがどれだけお得かまとめていきます。

ボーナスマイル1,000マイルは9万8,000円分お得!

年会費を2,000円払うだけで毎年1,000マイル獲得できる偉大さについて解説していきます。

ANAカードだと還元率1%でマイルを貯めていきます。

これが前提となります。

還元率1%で1,000マイル貯めようとしたらクレジットカードで10万円のお買い物が必要になります。

それがたった2,000円で貯まると考えるとめちゃお得だと感じませんか?

【還元率1%の場合】

クレジットカードで
使う金額
還元率1%で
貯まるマイル数
100円1マイル
1,000円10マイル
1万円100マイル
10万円1,000マイル
100万円1万マイル

つまり、1,000マイル貯めるのに9万8,000円もお得になります。

10万円 – 2,000円 = 9万8,000円

ボーナスマイルを7枚で貯めると68万お得になる!

これを7枚のカードで貯めていけます。

となると、7枚のカードで7,000マイル貯めるためには70万円必要になります。

それが、年会費2,000円 × 7枚 = 14,000円で貯めることができます。

つまり、7,000マイル貯めるのに68万6,000円もお得になります。

70万円 – 1万4,000円 = 68万6,000円

7枚持っても年会費は8,303円しかかからない!

さらに、三井住友カードが発行するカードは条件を満たすと年会費が割引されます。

ANAカード年会費割引特典の詳細はこちら

VISAとマスターの一般カードは2,000円から1,025円まで割引となります。

VISA一般カードとマスター一般カードと2枚あるので、2,050円となります。

1,025円 × 2枚 = 2,050円

交通系の3枚のカードは、751円まで割引できます。

751円 × 3枚 = 2,253円

2,050円 + 2,253円 = 4,303円

JCBのカードでも「スマリボ」に登録すると年会費を割引することができます。

年会費がキャッシュバックされる仕組みで1,375円返ってきます。

そのため2,000円から625円まで割引されたことになります。

スマリボの詳細についてはこちら

625円 × 2枚 = 1,250円

JCBと三井住友カードの年会費の合計は5,553円となります。

4,000円 + 1,250円 = 5,553円

本来かかるはずだった合計の年会費14,000円より

14,000円 – 5,553円 = 8,447円お得になります。

あとは簡単にカードの情報をまとめておきます。

ANA JCB一般カード

年会費:2,000円(税抜き)

初年度無料

年会費の割引サービスはありません。

ボーナスマイル:毎年1,000マイル

入会した初年度は入会ボーナスマイルという名前ですが、それ移行は継続ボーナスマイルとして自動的に毎年1、000マイルを付与してくれるカードとなります。

ANA To Me CARD PASMO JCB 通称:ソラチカカード

これはソラチカカードと呼ばれているカードです。

メトロポイントを経由してANAのマイルに換算率90%で交換できるカードです。

年会費:2,000円(税抜き)

初年度無料

年会費の割引サービスはありません。

ボーナスマイル:毎年1,000マイル

ANA VISA一般カード

年会費:2,000円→1,025円(税抜き)

初年度無料

ここからは三井住友カードが発行するVISAとマスターカードのため年会費を割引することができます。

条件として、まいぺいすリボに登録して年1回以上のクレジットカードの利用があれば年会費を751円にすることができます。

ボーナスマイルで毎年1,000マイル

年会費を割引されても、同様に毎年1,000マイルを獲得することができます。

ANAマスター 一般カード

年会費:2,000円→1,025円(税抜き)

初年度無料

ボーナスマイルで毎年1,000マイル

ANA VISA Suicaカード

年会費:2,000円→751円(税抜き)

初年度無料

ボーナスマイルで毎年1,000マイル

ANA VISA nimocaカード

年会費:2,000円→751円(税抜き)

初年度無料

ボーナスマイルで毎年1,000マイル

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

年会費:2,000円→751円(税抜き)

初年度無料

ボーナスマイルで毎年1,000マイル

まとめ

ここまでの内容をまとめると、

  • ボーナスマイルは1枚につき9万8,000円お得になる。
  • 一般カードを7枚持つと7倍の68万円お得になる。
  • 7枚持っても年会費は8,303円しかかからない。

いかがでしょうか?

クレジットカードを複数持つのはめんどうかとは思いますが、これだけのメリットがあります。

持たない手はないですよね。

是非みなさんもANAカードを7枚入会してみてください。

そんな中、私はVISAカードだけをゴールドカードにしてメインとして利用しています。

ゴールドカードにするメリットについては下記記事で解説しています。

それではまた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です