ANAとJALどちらも個人情報漏洩だと?!

この記事は約 3 分で読めます。

女の子
女の子

びっくりするニュースが出ましたね。

https://www.asahi.com/articles/ASP3577DKP35UTIL08Q.html?oai=ASP362WDFP36UTIL003&ref=yahoo

https://news.yahoo.co.jp/articles/4f00f76fcec1e3e3564513e222bd7911439d4547

それぞれの会社では、土曜日にもかかわらずホームページでしっかりメッセージが発信されていますね。

https://www.ana.co.jp/asw/topinfo/info.jsp?infoID=d20210306122756&info_tool_flag=1

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2021/other/210305/

スイスのデータ管理会社の「SITA」ってどんな会社?

https://www.sita.aero/

これがSITAのサイトみたいですね。

公式のTwitterアカウントもありました。

SITAは、世界最大級の航空IT企業で航空輸送データを取り扱っている企業のようです。

世界の航空会社の90%にサービスを提供しているみたいです。

航空会社はSITAが提供している旅客サービスシステム「Horizon」を利用して、予約や発券などを管理しているのですね。

なので、今回の漏洩は日本だけでなく、世界的な規模のようです。

3月5日には、サイバー攻撃を受けたことを発表していました。

サイバー攻撃を受けたのは、2月24日のようです。

そう考えると日本でのニュースは遅いですね。

2月24日以降の投稿は止まっていますね。

SNSなんか運用している場合じゃないのでしょうね。大変だ。

https://www.sita.aero/pressroom/news-releases/sita-statement-about-security-incident/

SITA社のサイトでもお知らせがされていますね。

流出した内容

今回、流出したのは航空連合に加盟している上位会員の会員情報だけのようです。

なので、特にANAとJALでステータスを持っていない人は特に漏れていないことになりますね。

SITAに保管されていたデータはもともと、航空連合の間でステータスを持っている顧客にそれぞれの特典を提供するために用いられていたようです。

そのため、データにあったのはステータスを持っている会員だけということになるのですね。

上位会員の漏れた情報は以下の通りです。

  1. アルファベット表記の名前
  2. 会員番号
  3. 会員ステータス

名前と番号が漏れてしまったんですねー。

両社とも再発行などの案内はしていないですが、対象の人は不安に思って問合せが殺到しそうですね。

関連するTwitterの投稿

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です