ANAカードのVISA一般カードでマイルを貯める方法について徹底解説!

この記事は約 10 分で読めます。

ANAカードのVISA一般カードでどうやってマイルを貯めるの?

「ANAカードのVISA一般カードでどうやってマイルを貯めるの?」

ANAカードにはたくさんの種類があり、マイルの貯め方もカード会社によって異なります。

本記事では、ANAカードの中でもVISAの年会費の安い一般カードでマイルを貯めていく方法について解説していきます。

【結論】都度移行コースで2年に1回のポイントをマイルにして最大5年間で貯める!

「2年に1回の都度移行コースでカード会社のワールドプレゼントポイントをANAマイルに交換して最大で5年間ANAマイルを貯めることができるよ!」

初めてANAカードを持った方だと、何を行っているか今の時点では全くわからないと思いますが、本記事を読むことでこの結論をしっかりと理解することができます。

それでは順を追って説明していきます。

カードを持てる条件

18歳以上で安定した継続収入がある人が対象です。

年会費→初年度無料、2年目から税抜きで¥2,000

1年目は無料で持つことができます。

2年目から毎年税抜きで¥2,000かかります。

入会ボーナスマイル→最初は無料で1,000マイル

最初は年会費が無料なので、入会するだけで1,000マイルを貯めることができます。

継続ボーナスマイル→年会費を払うごとに毎年自動で1,000マイル

2年目移行は、年会費を払うことで毎年自動的に1,000マイル貯めることができます。

搭乗ボーナスマイル→10%

ANAの飛行機に乗ると10%のボーナスマイルが貯まります。

例えば、東京から大阪に飛行機に乗って移動した場合
280マイル貯まるとすると、
280マイルの10%がボーナスマイルとしてさらに貯まります。
結果、308マイルが貯まります。
(280マイル+28マイル=308マイル)

カード会社のポイント→ワールドプレゼント

スーパーやコンビニの買い物でANAカードのVISAカードで決済をするとワールドプレゼントポイントが貯まります。

1,000円の買い物で「1ワールドプレゼントポイント」が貯まります。

2つの換算率

1ワールドプレゼントポイントをANAマイルに交換する際に2つの換算率を選ぶことができます。

5マイルコース

1ワールドプレゼントを5マイルに交換します。

1ワールドプレゼントポイント → 5マイル

10マイルコース

1ワールドプレゼントを10マイルに交換します。

1ワールドプレゼントポイント → 10マイル

ここだけみたら10マイルを選びますが、これには理由があるんです。

移行手数料

それが移行手数料そいう存在です。

5マイルコースなら無料

5マイルコースならば、移行手数料は無料です。

10マイルコースなら6,000円

2倍貯まる10マイルコースだと、ゴールドカードと同じ換算率になる代わりに移行手数料をカード会社に毎年税抜きで6,000円払う必要があります。

移行方法

そして、移行方法も2つあります。

自動移行コース → ズボラな人はこっち。ただし、3年以内にマイルを使う必要有り!

ワールドプレゼントポイントはクレジットカードの支払いをすると毎月貯めることができます。

そこで、自動移行コースを選択すると、毎月貯まってくるワールドプレゼントポイントをANAのマイルに自動で交換してくれます。

ズボラな人は自動移行コースを選択しましょう。

ただし、マイルの有効期限は貯まってから3年間なので、その間に使わないとせっかく貯めたマイルがなくなってしまうので注意しましょう。

都度移行コース → まめな人はこっち。最長5年間貯めておける!

それに対して、都度移行コースは毎月ワールドプレゼントポイントとして貯まったままにしておくことができます。

そして、自分の好きなタイミングで交換の依頼をカード会社にしてから初めてANAマイルとして貯まります。

ワールドプレゼントポイントの有効期限は一般カードの場合は2年間です。

ポイントの有効期限がある間持っておいて、切れる前にマイルに交換したらそこから3年間保有することができます。

よって、合計で5年間マイルとして保有しておくことができます。

4つのパターン

移行方法と換算率より4パターンの設定ができます。

移行方法換算率移行手数料
自動5マイル無料
自動10マイル毎年6,000円
都度5マイル無料
都度10マイル2年に1回6,000円

おすすめの設定 → 都度にして10マイルコース

都度移行コースで10マイルコースでANAマイルを貯めていくのがおすすめです。

それには理由があります。

2年に1回移行手数料6,000円でANAマイルを最長5年間貯めることができる!

まず、ワールドプレゼントポイントの有効期限が2年間あります。

都度移行コースにすると、ワールドプレゼントポイントとして貯めておくことができます。

マイルを貯め初めてから最初の1年間はANAマイルに交換せずに、ワールドポイントとして貯めておきます。

そして、2年目がマイルが十分に貯まった時点で初めてANAマイルに交換します。

そうすると、最初の1年目は年会費はかかりますが、移行手数料はかかりません。

2年目には交換するので、移行手数料6,000円がかかります。

これで、移行手数料を1年分節約して、マイルも5年間とゆっくり貯めていくことができます。

たかが、6,000円と思うかもしれませんが、今後継続して払っていくと大きな差となります。

30歳から60歳までANAカードを持った場合

30歳から60歳までANAカードを持ったと仮定します。

自動移行コースで10マイルコース

毎年、年会費2,000円と移行手数料6,000円で合計8,000円の費用がかかります。

これを30年間続けると、

8,000円×30年間=24万円です。

都度移行コースで10マイルコースかつ2年に1回マイルに交換

2年間で年会費は4,000円で、移行手数料が2年間で6,000円です。

合計費用は1万円です。

これを30年間続けると、

1万円×30年間=30万円かかります。

これだけで6万円の違いとなります。

6万円あれば、そのお金で旅行に行けますよね。

その他のメリット

  • ワールドプレゼントポイントのボーナスポイント
  • 自動付帯保険がある
  • 楽天Edy(エディ)も使える
  • iD(アイディー)も使える

【まとめ】ANAカードのVISA一般カードで都度の10マイルコースで5年かけてマイルを大きく貯めよう!

本記事を読むことで、ANAカードのVISA一般カードで、どのようにしてANAマイルを貯めていけばいいかだいぶイメージがついたかと思います。

今後もより詳しい貯め方について記事を上げていきますので、他の記事も参考にしていただければ幸いです。

それではみなさんもマイルをたくさん貯めて、世界を旅しましょう。

それではまた!

dogarse
  • dogarse
  • 【陸マイラー】×【財テク】×【IT】
    .
    【陸マイラー】
    陸マイラーとしてマイルの貯め方について日々研究中。
    .
    【財テク】
    2020年FP3級取得。
    マイルを貯めていくうちにお金の貯め方も調べ出し、財テクについてお得な情報を発信中。
    .
    【IT】
    現代の生活にITの知識は欠かせない。iPhoneの使い方や初心者からプログラミングについて毎日1時間勉強中。
    .
    お得な情報をインプット。蓄えた知識をわかりやすくアウトプット。
    めんどくさいことを、いかにめんどくさがらずにやるかが人生の境目。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です