トラべリストの評判について調べてみた【TRAVEL】

この記事は約 9 分で読めます。



旅行に行こうと思ったら、とりあえずネットで一番安い航空券探しますよね。

そしたらだいたい格安で購入できる販売サイトで出てきます。

そのうちのひとつが「トラべリスト」

ただ、あまり聞いたこともないサイトだから、評判がどんなものなのか気になりますよね。

そこで今回はトラべリストの評判やメリット・デメリットについて調べましたので、内容をわかりやすくまとめていきたいと思います。

トラべリストの評判が知りたい!

本サイトに訪れた多くの方は、

「旅行に安く行きたいな〜。いろいろサイト調べてたらトラべリストってのがあったけど、評判ってどうなんだろう?」

という疑問を持っているかと思います。

このサイトではそんな疑問に答えていきたいと思います。

トラベリストの評判やメリット・デメリットがわかる!

本サイトを読んでいくと、

「トラベリストの評判やメリット・デメリットについてまとめています!」

情報をもとに実際に利用するかどうかの判断材料になるかと思います。

トラベリストの評判は、ぶっちゃけ手配手数料が安ければ使いたい。それ以外は航空券の比較ツールとしては最適!

これから紹介していくのですが、正直にいいます。

手数料が高い!

これはしょうがないですよね。

トラベリストは要は代理店なわけですから、航空会社から航空券を仕入れて、それを利用者に販売している仲介業者というわけですよ。

それを最安値の値段で売っているだけでは、なんの利益も生まれませんよね。

そこで手配手数料でごっそりもっていかれるというわけです。

さ、早速ぶっちゃけて本音を言ってしまいましたが、一応トラベリストのメリット・デメリットをみていきましょう。

メリット

  • 航空券を格安で購入できる
  • ホテルと航空券付きの「セット割」がお得
  • 11社の航空会社の運賃を比較できる
  • 国内線の運賃が充実している
  • クーポンがある場合がある
  • 繁忙期でも安い

どれくらい安いのか東京→沖縄で調べてみた

トラベリストの一番のメリットは航空券が安く買えるという点ですね。

どれくらい安いのかみていきましょう。

国内航空券トラベリスト

例えば、東京から沖縄のチケットを調べてみましょう。

トラベリストの公式HPより引用

今日が2/7の夜なので、予約できるのは3日後のようですね。

直近で一番安いのが11日の祝日に最安値が7,800円と表示されています。

トラベリストの公式HPより引用

ただ、11日で調べてみると最安値の7,800円の運賃はなく、最安値はスカイマークの26,310円でした。

ANAやJALは4万円代でした。

直近すぎると安くならないみたいですね。

次に12日を調べてみました。

トラベリストの公式HPより引用

12日の最安値は、スカイマークの13,710円でした。

ここでもカレンダーに表示されている9,600円には届いていませんね。

13日もみておきましょう。

トラベリストの公式HPより引用

ここでようやく、カレンダー通りの最安値が表示されました。

ピーチで7,800円これは安いですねー。

実際に予約したいときは、値段の数字をクリックして買い物カゴに追加します。

トラベリストの公式HPより引用

そしたらこのような画面が出てくるので情報を入力して決済して予約完了です。

予約は簡単にできそうですね。

ただ、注意してほしいのが手配手数料ですね。

7,800円のチケットを購入したつもりだったけど、いつの間にか11,960円となっています。

必ず内訳は確認しましょう。

手配手数料が4,160円もかかているじゃないですか。

航空券代金の50%以上も手数料でとられるんですね。

それはなんかもったいない気がしますよね。

まあそれでも安いんですけどね。苦笑

ここからはデメリットについても確認しておきましょう。



デメリット

  • 手数料が割高。だいたい3,000円くらい(例外あり)
  • 支払い期限が短い
  • クレジットカード支払いだと手数料が3%かかる
  • 座席指定できない
  • マイレージ番号を予約時に入力できない
  • LCCはキャンセルしても払い戻し不可
  • 国際線は物足りない
  • サイトの表示が遅いときがある

まあ、このへんのデメリットはしょうがないですよね。

それだけ安くしてくれてるんですから。

安さだけを求めるのだからこの辺は大目にみますよね?

移動できればいいでしょう。

【賢い使い方】トラベリストで安い運賃を調べて、航空会社の公式ホームページで購入したほうが安いときもある!

ここからはまたぶっちゃけトークになりますが、トラベリストの賢い使い方について紹介していきます。

それは、トラベリストで11社の航空券を一気に検索します。

その中から希望の旅程の中で、一番安いものを探します。

そのままトラベリストから予約すると手配手数料がかかるので、目星をつけたチケットの航空会社の公式ホームページで購入するというのが良いかもしれないです。

例えば、冒頭で調べてみた東京から沖縄のチケットです。

ピーチの公式ホームページで調べてみましょう。

ピーチの公式ホームページはこちら

ピーチの公式HPより引用

13日で調べると、税込価格で7,800円の運賃が表示されました。

まだ2席あるみたいです。

ちなみに11日で調べても同じ値段7,800円の最安値で5席ありました。

このことから、トラベリストで調べてある程度目星をつけて購入するのが賢いといえますね。

あとは、トラベリストのメリットに繁忙期でも安い点があるので、これはまた後日検証していきたいと思います。

わかり次第また別記事でアップします。

【まとめ】トラベリストは手数料高いが、それでも安ければ利用していこう!

ここまで紹介した通り、トラベリストは手配手数料が高い印象ですね。

それでも繁忙期だと、手数料を含めても、航空会社の公式ホームページで購入するよりも総額が安くなる場合もあるかもしれません。

トラベリストは比較ツールとしてはとても使いやすいです。

ぜひ最初旅行を計画するときには、予算内で収まるようにしたい場合は、最初のとっかかりとしてトラベリストを使ってみてください。



dogarse
  • dogarse
  • 【陸マイラー】×【財テク】×【IT】
    .
    【陸マイラー】
    陸マイラーとしてマイルの貯め方について日々研究中。
    .
    【財テク】
    2020年FP3級取得。
    マイルを貯めていくうちにお金の貯め方も調べ出し、財テクについてお得な情報を発信中。
    .
    【IT】
    現代の生活にITの知識は欠かせない。iPhoneの使い方や初心者からプログラミングについて毎日1時間勉強中。
    .
    お得な情報をインプット。蓄えた知識をわかりやすくアウトプット。
    めんどくさいことを、いかにめんどくさがらずにやるかが人生の境目。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です