【J:COM】大手キャリアから格安SIMに切り替えて携帯代を安く抑えたい方必見!

今回は格安SIMについて解説していきます。

みなさんは携帯代で月々いくらくらい払っていますか?

多くの方が月々の支払いが1万円を超えているのではないでしょうか。

この時代、スマホは必需品ですが、家にはWi-Fiありますよね?

そしたら外出先であまり携帯でデータ量使わないですよね?

使ったとしても、通勤の電車の中でLINE返したり、InstagramやTwitterを見るぐらいですよね。

それくらいの通信料だったら月3ギガあれば足りると思うんです。

docomoやsoftbankの大手キャリアを利用するメリットてあまりないですよね。

そこで今回はJ:COMの格安SIMについて調べてみたのでわかりやすく解説していきたいと思います。

この記事を読んで「え、格安SIMで十分じゃん」と思った方はぜひこちらからお申し込みしてみてください。



では格安SIMに変えるとどれくらい安くなるのかみていきましょう。

J:COMの公式ホームページはこちら

まず謳い文句は「実質月額980円(税抜)から」ですね。

税込で考えると980円×1.08=1,058円になります。

980円だと1,000円切っていて安く感じますよね。

要は約1,000円で持てるってことですね。

さあ、どのような仕組みになっているのか解剖していきましょう。

表示されている金額は端末代込みで基本データ通信量が月に0.5GBだった場合とあります。

それでiPhone7で1,980円(税抜き)。税込だと、1,980×1.08=2,138円

一番安いのでHUAWEI P20 liteで端末代込みで980円(税抜き)税込で1,058円。

これが宣伝で使われているものですね。

では一番安い端末のプランをもっと詳しくみていきましょう。

料金プランは3つあるようです。

  • 0.5GB 通話中心でメールも少なめの方 1,058円(税込)
  • 3GB  Webサイトを時々見る。メールやSNSもたまに見る。 2,138円(税込)
  • 10GB  動画やゲーム、デザリングまで容量を気にせず楽しみたい方 3,218円(税込)

0.5GBはさすがに足りないですね。

今回は3GBで検討していきたいと思います。

公式ホームページでシミュレーションをしてみました。

結果は12ヶ月間は月額2,680円(税抜き)。税込で2,894円になります。

ただ、13ヶ月目以降は月額3,680円(税抜き)。税込で3,974円になります。

毎月3,000円でスマホを持てると考えると安いほうですかね。

ただ3年目になると4000円近くになり、あまり安くない。。。

月額2,680円(税抜き)の内訳を考えていきたいと思います。

プランは3GBプランなので、2年間は月額1,980円になります。

差額は2,680円-1,980円=700円

700円×24ヶ月=16,800円

端末代金は33,600円(税抜き)です。

おっと、端末代が足りない。これの支払いはどうするのだ。

よく見ると、端末代金は月額700円×48回払い=33,600円となります。

つまり、2年間で解除することができず、4年間は端末代を払い続ける必要がでてきます。

端末代を支払うまで持つとすると、

2,680円×24回=64,320円

3,680円×24回=88,320円

64,320円+88,320円=152,640円

4年間で15万かかることになります。

それを4年でわってみると、年間38,160円になります。

さらに12ヶ月でわると3,180円(税抜き)になります。

要は、月々約3,500円(税込)でもてるようになりますね。

となると、毎月1万円以上支払っていて、データ量が3GBで収まるのであれば、

J:COMの格安SIMの乗り換えると携帯代を安く抑えることができそうですね。

ぜひみなさんも検討してみてくださ。

興味がある方は下記バーナーより詳細確認してみてください。

携帯代を少しでも安くすることができるはずです。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です