【ANAマイル】ANA Business Jetとは?

この記事は約 4 分で読めます。

ANA Business Jetとは?

ANA Business Jetとは、2018年から開始したサービスで、飛行機をチャーターして利用することができるサービスのことである。

一番の目的は時間短縮ですね。

経営者の時間は貴重なので最大限に有効活用するための移動手段として利用できます。

海外ではビジネスジェットを頻繁に利用されていますが、まだ日本では浸透していないようですね。

海外工場への出張が楽に行ける

ビジネスジェットに依頼することで手間が省ける

プライベートでも利用可能

このような要望を応えられるその分お値段もしっかり高くなるようですね。

安くても200万円とかからのようで、一般大衆には馴染みのないサービスですね。

謳い文句は

『ビジネススタイルを変える「時間価値」という新たな選択肢』

となっている。

ターゲットは代表取締役や会長などのようです。

4つのメリット

時間短縮

  • 定期便が運行していない区間・都市のフライトが可能
  • 定期便が運行していない時間帯でもフライトが可能
  • 限られた時間でより多くの都市へフライトが可能
  • ビジネスジェット専用ターミナルが利用できるため、出入国審査や保安検査がスムーズ

自由で柔軟なスケジュール設定

  • 出発時間の急な変更に対応可能
  • 渡航先の変更も対応可能

秘匿性の高いプライベート空間

  • 移動するオフィスとして利用可能
  • 到着する直前まで商談準備や打ち合わせができる
  • ビジネスジェット戦闘ターミナル利用で、第三者に見られることがない

ANAグループならではの安全・安心

  • 独自基準で安全性を認めた運行会社によるサービス提供
  • ANA便の乗り継ぎでチャーター利用時にグループ内の連携で遅延してもスムーズな乗り継ぎが可能
  • パイロットは必ず2名体制で運航

プラン

エリアチャーター

ANA便などの定期便で海外を訪れ、ビジネスジェットでエリア内を移動可能

【北米で利用の場合】

シカゴ→コロンバス→デトロイト→シカゴ

約200万円から

機材はHonda Jet等の約5名乗りの小型機

定期便だと3日かかる移動でも、チャーターで2日で移動可能

【欧州で利用の場合】

フランクフルト→ニース→ミラノ→ミュンヘン

約200万円から

機材はHonda Jet等の約5名乗りの小型機

定期便だと3日かかる移動でも、チャーターで2日で移動可能

【アジアで利用の場合】

バンコク→ヤンゴン→シンガポール

約600万円から

機材はCessna Citation X等の約8名乗りの中型機

定期便だと4日かかる移動でも、チャーターで3日で移動可能

グローバルチャーター

日本から海外の目的地へ直接、ビジネスジェットを利用して移動可能

東京=ウラジオストク 往復

約800万円から

東京=ネピドー 往復

東京=ハワイ 往復

約2,000万円から

機材はBombardier製のGlobal6000等の約13名乗りの大型機

国内チャーター

日本国内をビジネスジェットで移動可能

羽田空港=下地島空港(宮古島) 往復

約1,200万円から

機材はCessna製のCitation Soverignの約8名乗りの中型機

dogarse
  • dogarse
  • 【陸マイラー】×【財テク】×【IT】
    .
    【陸マイラー】
    陸マイラーとしてマイルの貯め方について日々研究中。
    .
    【財テク】
    2020年FP3級取得。
    マイルを貯めていくうちにお金の貯め方も調べ出し、財テクについてお得な情報を発信中。
    .
    【IT】
    現代の生活にITの知識は欠かせない。iPhoneの使い方や初心者からプログラミングについて毎日1時間勉強中。
    .
    お得な情報をインプット。蓄えた知識をわかりやすくアウトプット。
    めんどくさいことを、いかにめんどくさがらずにやるかが人生の境目。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です